ボトックスの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科による部分痩せですが、ふくらはぎの場合は主にボトックスを使用したものになります。このボトックス治療ですが、流れとしてはまず、脚のデザインから始まります。ここで自分なりの理想のデザインを決めておかなければ、O脚やX脚が強調される結果となる場合もあります。医師とよく相談して決めてください。

そして、ボトックス注入です。ふくらはぎにボトックスを注射しますが、ふくらはぎの場合は数本を注射します。時間にして10分程度となります。この際、痛みを感じないよう、針は極細のものを使用し、また患部に麻酔を打ったり、冷やしながら行ってくれる美容皮膚科もありますので、痛みが気になる人はカウンセリングの際に痛みについて聞いてみるといいでしょう。そして、効果が出るまでの期間ですが、これは個人差があり効果の表れ方も人それぞれです。

ただ、一般的には大体1ヶ月程度で効果が感じられるとされ、その期間は脚の筋肉が少なくなっている期間ですので、ハイヒールなどで歩く際は自分で思ったよりも歩けないことがありますので、注意してください。また、効果の持続期間ですが半年から1年程度となりますので、細い脚をキープするには定期的な注入が必要です。

≪参照HP≫大阪心斎橋にある美容皮膚科:MAME

ボトックスとふくらはぎ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科での部分痩せの方法として、ボトックスを使ったものがあります。このボトックスですが、ボツリヌス菌から抽出されたもので、タンパク質の一種です。一般的に、筋肉を動かす際は、神経からアセチルコリンという物質が分泌されます。このアセチルコリンにより、筋肉が付くというわけなのです。

さて、このアセチルコリンの働きを抑えるのが、ボトックスです。ボトックスにより筋肉の収縮力を和らげ、その部分の運動能力を制限するのです。これにより、筋肉が減少し部分痩せの効果が現れてくるという仕組みになっています。そしてこのボトックスを利用する部分としては、ふくらはぎが知られています。

施術方法としては、ボトックスを患部に注射で直接注入することになります。一般的に足の筋肉量は人それぞれに決まっていて、ふくらはぎが発達した人は、その部分を細くすることはかなり難しいのです。いくらダイエットをしても足はその効果がでにくい部分とも言えます。しかし、ボトックスはその筋肉量を減らす作用がありますので、生まれつきふくらはぎが太い人にも効果が出る画期的な部分痩せの方法と言えるでしょう。また、ボトックスは痩せるだけでなく美脚の効果もありますので、そういう点でも優れた方法なのです。

部分痩せと美容皮膚科

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ダイエットは、ほとんどの女性が経験したことがあるはずです。ダイエットの目的はもちろん理想のボディラインを手に入れることです。ただ、マスコミなどでよく紹介されるダイエット法は、ただ一つのものをひたすら食べるものであったり、逆にある一つのものを制限したりするものです。こういったダイエット法は、理想の体型どころか体調を崩したり、あるいはバストのように落としたくない部分までも痩せてしまう結果になりがちです。

こういった間違ったダイエット法は、体型だけでなく顔の印象までも変えてしまいます。無理なダイエットで、急激に痩せると肌や表情の老化を早めることにもなるのです。美しいボディラインと若々しさを手に入れるには、無理なダイエットは厳禁となります。

さて、理想のボディラインを目指すには、やはりクリニックに相談することをおすすめします。最近はクリニックの中でも美容皮膚科での部分痩せに注目が集まっています。部分痩せはエステサロンでも行えますが、やはり医師の手による施術のほうが安心できるでしょう。そしてこの美容皮膚科での部分痩せの方法ですが様々なものがあり、その中でも特に人気なのがボトックスを使用した部分痩せなのです。

美容皮膚科とボトックス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

痩せたいという願望は女性であれば誰もが持っているものでしょう。ただ、よく見られるようなダイエット法の中には、まったく効果のないものもありますし、体調を崩してしまう恐れがあるものもあります。また、多くの女性はダイエット失敗の経験を持っています。結果が出るまではある程度の期間が必要で、そこまで我慢できないのが失敗の原因なのです。さらにダイエットは、痩せたい部分が痩せずに、痩せなくてもよい部分が痩せるということもあります。こうなると、ダイエットの意味すらありません。

そこで、最近では美容皮膚科による部分痩せに注目が集まっています。その部分痩せについてですが、いくらダイエットをしても、細くならない部分としてはふくらはぎがあります。脚は元々、その人の体質として筋肉量がある程度決まっていますので、なかなか細くなりにくい部分でもあります。そこで、美容皮膚科が行う部分痩せの方法ですが、ボトックスを使います。このボトックスは、筋肉に関係するアセチルコリンという成分の働きを抑制する役割を持っていて、これを注射することで、筋肉が細くなっていくのです。

施術はふくらはぎに、このボトックスを何本か注射することになります。極細の針を使い、冷やしながら行いますので、痛みは感じません。ただ、この施術に関しては医師に確認するほうがいいでしょう。ただ、ボトックスの効果は半年から1年程度ですので、定期的な施術が必要となります。このサイトはこのように美容皮膚科での部分痩せについて説明します。