美容皮膚科とボトックス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

痩せたいという願望は女性であれば誰もが持っているものでしょう。ただ、よく見られるようなダイエット法の中には、まったく効果のないものもありますし、体調を崩してしまう恐れがあるものもあります。また、多くの女性はダイエット失敗の経験を持っています。結果が出るまではある程度の期間が必要で、そこまで我慢できないのが失敗の原因なのです。さらにダイエットは、痩せたい部分が痩せずに、痩せなくてもよい部分が痩せるということもあります。こうなると、ダイエットの意味すらありません。

そこで、最近では美容皮膚科による部分痩せに注目が集まっています。その部分痩せについてですが、いくらダイエットをしても、細くならない部分としてはふくらはぎがあります。脚は元々、その人の体質として筋肉量がある程度決まっていますので、なかなか細くなりにくい部分でもあります。そこで、美容皮膚科が行う部分痩せの方法ですが、ボトックスを使います。このボトックスは、筋肉に関係するアセチルコリンという成分の働きを抑制する役割を持っていて、これを注射することで、筋肉が細くなっていくのです。

施術はふくらはぎに、このボトックスを何本か注射することになります。極細の針を使い、冷やしながら行いますので、痛みは感じません。ただ、この施術に関しては医師に確認するほうがいいでしょう。ただ、ボトックスの効果は半年から1年程度ですので、定期的な施術が必要となります。このサイトはこのように美容皮膚科での部分痩せについて説明します。