ボトックスとふくらはぎ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科での部分痩せの方法として、ボトックスを使ったものがあります。このボトックスですが、ボツリヌス菌から抽出されたもので、タンパク質の一種です。一般的に、筋肉を動かす際は、神経からアセチルコリンという物質が分泌されます。このアセチルコリンにより、筋肉が付くというわけなのです。

さて、このアセチルコリンの働きを抑えるのが、ボトックスです。ボトックスにより筋肉の収縮力を和らげ、その部分の運動能力を制限するのです。これにより、筋肉が減少し部分痩せの効果が現れてくるという仕組みになっています。そしてこのボトックスを利用する部分としては、ふくらはぎが知られています。

施術方法としては、ボトックスを患部に注射で直接注入することになります。一般的に足の筋肉量は人それぞれに決まっていて、ふくらはぎが発達した人は、その部分を細くすることはかなり難しいのです。いくらダイエットをしても足はその効果がでにくい部分とも言えます。しかし、ボトックスはその筋肉量を減らす作用がありますので、生まれつきふくらはぎが太い人にも効果が出る画期的な部分痩せの方法と言えるでしょう。また、ボトックスは痩せるだけでなく美脚の効果もありますので、そういう点でも優れた方法なのです。