ボトックスの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科による部分痩せですが、ふくらはぎの場合は主にボトックスを使用したものになります。このボトックス治療ですが、流れとしてはまず、脚のデザインから始まります。ここで自分なりの理想のデザインを決めておかなければ、O脚やX脚が強調される結果となる場合もあります。医師とよく相談して決めてください。

そして、ボトックス注入です。ふくらはぎにボトックスを注射しますが、ふくらはぎの場合は数本を注射します。時間にして10分程度となります。この際、痛みを感じないよう、針は極細のものを使用し、また患部に麻酔を打ったり、冷やしながら行ってくれる美容皮膚科もありますので、痛みが気になる人はカウンセリングの際に痛みについて聞いてみるといいでしょう。そして、効果が出るまでの期間ですが、これは個人差があり効果の表れ方も人それぞれです。

ただ、一般的には大体1ヶ月程度で効果が感じられるとされ、その期間は脚の筋肉が少なくなっている期間ですので、ハイヒールなどで歩く際は自分で思ったよりも歩けないことがありますので、注意してください。また、効果の持続期間ですが半年から1年程度となりますので、細い脚をキープするには定期的な注入が必要です。

≪参照HP≫大阪心斎橋にある美容皮膚科:MAME

Published by admin